2017年10月23日

ベネッセ事件最高裁判決(破棄差戻し)

上告審から受任したベネッセ事件の最高裁判決が本日出ました。
既に最高裁のHPでも公開されています。
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=87154
(氏名,性別,生年月日,郵便番号,住所及び電話番号並びにBの保護者としての上告人の氏名といった上告人に係る)「本件個人情報は,上告人のプライバシーに係る情報として法的保護の対象となるというべきであるところ,上記事実関係によれば,本件漏えいによって,上告人は,そのプライバシーを侵害されたといえる。しかるに,原審は,上記のプライバシーの侵害による上告人の精神的損害の有無及びその程度等について十分に審理することなく,不快感等を超える損害の発生についての主張,立証がされていないということのみから直ちに上告人の請求を棄却すべきものとしたものである。そうすると,原審の判断には,不法行為における損害に関する法令の解釈適用を誤った結果,上記の点について審理を尽くさなかった違法があるといわざるを得ない。」

早稲田大学江沢民事件の判例とほぼ同じ内容ですが、住所、氏名といった「単純」な個人情報について、プライバシーに係る情報として法的保護の対象となると判断し、漏えいによって,プライバシーを侵害されたと認定されていることで、より早稲田大学江沢民事件の判例の趣旨が明確になったと理解しています。

他のベネッセ事件についても、プライバシー侵害を前提にして、その賠償金額及び過失の有無に争点が絞られるのかな、と思います。
これを受けて、私個人と弁護団の先行事件については、そろそろ結審、判決という流れになりそうです(年内結審、年度内判決といった進行でしょうか)。
なお、被害者の会の訴訟も傍聴等していますが、そちらはまだ先は長そうです。


ちなみに、上告審については9月29日に弁論があり、初めての最高裁の弁論(しかも上告人側)ということで、緊張しながらも良い経験になりました。
話すタイミングが分からず焦ったりもしました。やはり最高裁は別格という感じですね。

刑事事件で無罪判決も取ったこともあり、弁護士としてやりたいことは、再審無罪と大法廷での弁論・新判例ぐらいですかね。
当然、日々の事件を丁寧に迅速に積み重ねていくことが結果につながると思いますので、これからも精進いたします。
posted by まんさく at 22:50| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

ベネッセ事件上告受理及び弁護団最終募集

ベネッセの個人情報漏えい事件について重要なお知らせです。

一つは、ベネッセ個人情報漏えい被害対策弁護団で、
集団訴訟の原告の最終(6次)募集を行います。
http://vsbenesse.exblog.jp/237257242/

不法行為の時効は、現行民法では知ってから3年であり、
夏に漏えいが発覚・報道、秋から冬にかけてベネッセからの通知で個別に確認したということなので、
そろそろかな、と。

基本的な募集要項は、これまでの弁護団の募集と同じですが、
従前の訴訟の進行からも、流出したことを確認できる見込みの方(一番は通知書がある方)に限定させていただきたいと思います。
詳しくは、上記ブログをご確認下さい。

必要書類は、こちらでもアップしておきます。
書式benesse20170721_002.pdf
見本inin_mihon-compressed.pdf

弁護団に参加を希望される方、個別に訴訟を提起する方については、そろそろ最終的な結論を出していただきたいです。


そして、

個人で訴訟をされていた方が、高裁で残念ながら敗訴判決を受けたのですが、
その上告受理の申立てが受理され、弁論が開かれることになりました。
弁護団で受任し、最高裁に出廷いたします。

【解説】
そもそも最高裁というところは、上告受理の申立てについては、事件を受理するかどうかはその裁量に委ねられていて、ほとんど実質的な審議はせずに、受理されない(原判決維持の)事件がほとんどです。
その中でも、わざわざ、上告を受理し、弁論を開くということは、高裁の判断が覆るということであり、
本件では、(原告)敗訴の控訴審判決が覆るということで、非常に意味があることです。
また本件の重要性についても最高裁は意識しており、他の裁判にもたらす影響も大きいです。
弁護士でも、最高裁の法廷で弁論をするというのは極一握りであり、名誉なことではあります(結論は決まっていますが)。
posted by まんさく at 13:36| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

簡易報告(ベネッセ事件)

とりあえずは一審は終わりに向かっています。
早ければ、夏に結審して、判決もそう遠くないです。

個人で訴訟やられた方の控訴審も受任したりしています。

過失論・損害論も煮詰まってきました。
この判決は、
今後のこのような(内部不正型の)個人情報流出を防げるか(企業が必死に対策をするか)や
個人情報の価値の試金石になるのだと思います。

あくまで個人訴訟は趣味ですが、頑張ります!


別件ですが、
原野商法の対策PTも立ち上げていて、暇なしです。
原野商法は数年前から第二次ブームというような悲惨な状況です。
何か情報あれば、お知らせください。
posted by まんさく at 11:58| 東京 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする