2014年12月29日

ベネッセに対する集団訴訟及び弁護団参加者募集のお知らせ

本日(平成26年12月29日),ベネッセ(潟xネッセコーポレーション及び潟Vンフォーム)に対する集団訴訟を提起し,同時に「ベネッセ個人情報漏えい被害対策弁護団」を立ち上げ,被害者の方の弁護団への参加を募ります。

詳しい募集要項等は下記のHPを御覧ください。
http://vsbenesse.exblog.jp/20595892
(着手金・実費は,他に0の弁護団もあるため,こちらも着手金0で実費について立替えいたします。
複数の弁護団があるため,そこまでの人数にはならず,実費の立替もなんとかなるという判断です。
実費は,和解又は勝訴の時には清算となりますが,実際には和解は可能性が低く,勝訴であれば訴訟費用を相手方に請求できるので,そこまでの差とならないと思います。敗訴の場合には,依頼者に請求いたしません。)


本日訴訟提起した第1次訴訟は,
原告13名で,成人は請求額一人5万円で6名,未成年者は請求額一人10万円で7名の,合計訴額は100万円です。
主に原告は弁護団の弁護士の知人で構成されています。

第2次訴訟は平成27年1月末程度を予定しています。
その後も,順次訴訟提起を行っていきます。


以前に言及した「被害者の会」との主要な差異は,
請求額と金銭賠償による被害回復のみを目的とするのではなく,ベネッセに対し,情報漏えい先の事業者名の照会をし,情報漏えい先に対し削除要請などを行ったり,ベネッセによる弁護団参加者に限定されない全体的な被害回復や今後の個人情報漏えい対策を求めるなど,消費者事件として全体的な解決を求める弁護団です。


既に訴訟提起をされてしまった方もいると思いますが,私個人の訴訟はそのまま継続していき(第1回期日が平成26年2月4日に決まりました),準備書面などの公開もやっていきますので,特に変更は必要ないです。
弁護団だけでなく,全国で訴訟を提起していただくことが,問題の大きさをベネッセに理解していただくことにつながると思います。
もっとも,東京地裁であれば,弁護団に委任していただければ,弁護団事件と併合して審理をするということも可能ではありますので,個別にご連絡いただければと思います。その場合には,先に支払った印紙代と郵券のみ,そのままで,他の参加者と同様着手金は必要ありません。
東京地裁以外だと,併合審理は難しいので,そのまま訴訟を継続していただくか,どうしても弁護団に参加されたい場合には,一度訴えを取り下げて,弁護団に参加していただくことになります。


【余談?】
既に,ベネッセからの「お詫びの品」の選択の期限(平成26年12月15日だったのが25日に変更された)が経過しました。期限経過後は勝手にベネッセこども基金の「寄付」になるという情報をインターネットで見かけたので,調べたのですが,どこにも特に記載がありませんでした。
仕方なく,ベネッセに問い合わせをしたところ,そのとおりだと言われ,さらにどこかにそのような記載がありますかと尋ねると,特にお知らせはしていないとの回答を受けました。
そういうことはしっかり記載しておくものではないでしょうか??


posted by まんさく at 16:53| 東京 ☁| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする