2015年10月05日

ベネッセ事件・過失論(準備書面)

シルバーウィーク明けくらいを想定していましたが,
遅くなり申し訳ございませんでした。

さて,
被告らから,「過失」について請求原因事実を明確かつ十分に主張するようにとの主張が出ていたので,
対応する準備書面と証拠説明書を作成してみました。

第3準備書面ベネッセ公開用.doc

証拠説明書ベネッセ公開用2.xls

証拠については,ガイドラインやインターネットの記事ですので,探していただければ見つかると思います。



内容について,少し説明しますと
まず,本件で請求している不法行為に基づく損害賠償(責任)というのは
「故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。」(民法709条)というものです。

原告が主張立証すべきなのは,
    条文              本件で対応する事実
@ (故意又は)過失によって → 被告らの「過失」
A 権利や法律上の利益の侵害 → 個人情報が漏れて原告らのプライバシー権が侵害されたこと
B これによって生じた    → AによってBが生じたこと(因果関係)
C 損害           → プライバシー権の侵害による精神的苦痛,金銭的評価

ABCは本件ではかなり明らかなので(損害額の問題はあるにしろ),
問題になるのは@の被告らの「過失」です。


「過失」って何?何を主張・立証すれば良いのか?ということですが,

過失というのは,通説によれば
内心の意思緊張の欠如,すなわち,ぼーとしてたとか注意散漫だったとか内心・内面の問題ではなくて
行為義務の違反,すなわち,するべき行為をしなかったという客観的な事実の問題なのです。

そして,するべき行為というのは,結果を回避させる行為ですが,
そのような結果を回避させる義務を負わす前提として,
当然結果を予見(予想)できないといけません。(予見できないのに結果を回避する行動をとれというのは無茶です。)

要するに過失とは,結果を予見できたのに,結果を回避するような行動を取らなかったということになります。
過失=「予見可能性を前提とした結果回避義務に違反した行為」ということです。

そして,「過失」において,主張・立証すべきなのは,
抽象的な予見可能性とか結果回避義務違反などではなく(抽象的な立証は難しい)
予見可能性や結果回避義務違反があったと認定できるだけの具体的事実(過失の評価根拠事実)になります。

そういうわけで,上記の第3準備書面を書いたわけです。
第3準備書面で主張した事実を基にすれば,
被告らが,予見可能性を前提とした結果回避義務に違反した行為をした,
すなわち,結果の予見が可能であったのにその結果を回避する行為を行わなかったということになり,
過失が認められることになるのです。

被告らの主張では,医療訴訟における水準論のような話(当時の一般的なセキュリティ水準を保っていれば過失は認められず,その水準については原告が主張立証すべきだ)も出ていますが,
これは,本件では妥当しないと考えています。
理由は上記第3準備書面でも書いたとおりで,水準論は医療という特殊な事案のみでの話で,
他人の個人情報の管理などをやっていて,一般的なセキュリティ水準を守っていれば,一般的なセキュリティ水準自体に問題があって個人情報が漏えいしても,企業が責任を追わないというのは不当です。
赤信号はみんなで渡ろうが,一人で渡ろうが,違反になるのです。

ただ,上記で「結果」を予見と書きましたが,
この「結果」は,どこまで具体的に予見しなければいけないのか難しいところです。
漠然と「個人情報が漏れるかも」という予見では少し不十分な気もしますが,
誰がいつどのような方法で入手してどのように流出させるかまでの具体的な予見は不要でしょう。
最終的に裁判官の判断にはなりますが,こちらもできるだけ主張・立証をしていきたいと思います。

本日はこの程度で,後で加筆修正をする可能性もあります。
posted by まんさく at 22:15| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする