2017年07月24日

ベネッセ事件上告受理及び弁護団最終募集

ベネッセの個人情報漏えい事件について重要なお知らせです。

一つは、ベネッセ個人情報漏えい被害対策弁護団で、
集団訴訟の原告の最終(6次)募集を行います。
http://vsbenesse.exblog.jp/237257242/

不法行為の時効は、現行民法では知ってから3年であり、
夏に漏えいが発覚・報道、秋から冬にかけてベネッセからの通知で個別に確認したということなので、
そろそろかな、と。

基本的な募集要項は、これまでの弁護団の募集と同じですが、
従前の訴訟の進行からも、流出したことを確認できる見込みの方(一番は通知書がある方)に限定させていただきたいと思います。
詳しくは、上記ブログをご確認下さい。

必要書類は、こちらでもアップしておきます。
書式benesse20170721_002.pdf
見本inin_mihon-compressed.pdf

弁護団に参加を希望される方、個別に訴訟を提起する方については、そろそろ最終的な結論を出していただきたいです。


そして、

個人で訴訟をされていた方が、高裁で残念ながら敗訴判決を受けたのですが、
その上告受理の申立てが受理され、弁論が開かれることになりました。
弁護団で受任し、最高裁に出廷いたします。

【解説】
そもそも最高裁というところは、上告受理の申立てについては、事件を受理するかどうかはその裁量に委ねられていて、ほとんど実質的な審議はせずに、受理されない(原判決維持の)事件がほとんどです。
その中でも、わざわざ、上告を受理し、弁論を開くということは、高裁の判断が覆るということであり、
本件では、(原告)敗訴の控訴審判決が覆るということで、非常に意味があることです。
また本件の重要性についても最高裁は意識しており、他の裁判にもたらす影響も大きいです。
弁護士でも、最高裁の法廷で弁論をするというのは極一握りであり、名誉なことではあります(結論は決まっていますが)。
posted by まんさく at 13:36| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする