2012年05月05日

遂に,消費者庁動く…

去年から,消費者委員会の電子情報部会で問題にし,今年の2月には消費者庁に弁護士個人として情報提供をしていましたが,遂に,消費者庁がいわゆる「コンプガチャ」を「絵合わせ」に該当するとして,中止要請を出すとのことです(本日5月5日の読売一面より)。

きちんと説明すると下記のとおりです

 まず前提となる用語の説明
ガチャ」(それぞれのゲーム内での名称や細かい仕様はそれぞれ異なる)
現実のお金で購入したゲーム内ポイントを消費することによって,電子的な抽選を行い,その結果に従ってゲーム内のアイテム(電子データの使用権)を得られるもの

コンプガチャ(コンプリートガチャ)
『ガチャ』で出たアイテムのうち特定の数種類又は全種類を集めると新たにゲーム内のアイテム電子データの使用権)を得られるもの

例えば,1回100円で,インターネット上のくじを引き,@〜Sぐらいまでのアイテムがランダムで当たり(これがガチャ),そのうち@DINSを集めると,更に㉑のアイテムがもらえるというような形式のものです。

 この「コンプガチャ」は,不当景品類及び不当表示防止法第3条の規定に基づく「懸賞による景品類の提供に関する事項の制限」(平成8年2月16日公正取引委員会告示第1号)の5項(「前三項の規定にかかわらず、二以上の種類の文字、絵、符号等を表示した符票のうち、異なる種類の符票の特定の組合せを提示させる方法を用いた懸賞による景品類の提供はしてはならない。」)で禁止されるいわゆる「絵合わせ」に該当し,不当景品類及び不当表示防止法違反となります。

これ以外でも,オンラインゲーム・ソーシャルゲームにおけるガチャについては,多くの問題があると思いますので,さらに研究・検討をしていきたいと思います。

しかし,きちんと情報提供したのに,消費者庁から何か連絡ぐらいあってしかるべきな気がします。
この問題を取り上げている法律家は少ないと思いますので,第一人者として?頑張ります。
取材ぐらい来ないかな…(笑)


http://www.inside-games.jp/article/2012/05/05/56364.html
posted by まんさく at 14:23| 東京 ☀| ニュースネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする