2019年09月18日

酒と煙草(たばこ)の個人販売規制の差

ふと、メルカリやヤフオクなどで、酒はあるのにたばこはないことが気になり、その法的理由を調べたのでまとめてみました。


酒もたばこも販売に免許が必要なのは一緒です。

の販売に免許が必要なのは、酒類を継続的に販売する(営利目的の有無や不特定多数への販売かは問わない)場合であるので、
たまたま入手したお酒を売るのは大丈夫そうです(それを繰り返してたら免許が必要になる可能性が出てきます)。

たばこは、ニコチンが入っていて医薬品にあたり、業としての販売に免許が必要ですが、
業としてとは「反復継続して不特定多数の人に供給する目的をもって製造販売すること」ですので、
たまたま入手したお薬を売っても大丈夫そうに思えますが、
一般的な解釈としては、医薬品医療機器等法(旧薬事法)の規制の方がより厳しいと考えられるので(生命身体に危害を及ぼす、酒税法はあくまで税金徴収目的)、
個人販売も禁止となり、少なくともネットアプリやサイトでは禁止されているんでしょうね。



なお、電子タバコについては、下記サイトでまとまれていたので、参考までに。
https://chaholog.com/?mode=f27


【酒税法】
(酒類の販売業免許)
第九条 酒類の販売業又は販売の代理業若しくは媒介業(以下「販売業」と総称する。)をしようとする者は、政令で定める手続により、販売場(継続して販売業をする場所をいう。以下同じ。)ごとにその販売場の所在地(販売場を設けない場合には、住所地)の所轄税務署長の免許(以下「販売業免許」という。)を受けなければならない。ただし、酒類製造者がその製造免許を受けた製造場においてする酒類(当該製造場について第七条第一項の規定により製造免許を受けた酒類と同一の品目の酒類及び第四十四条第一項の承認を受けた酒類に限る。)の販売業及び酒場、料理店その他酒類をもつぱら自己の営業場において飲用に供する業については、この限りでない。

【酒税法通達】(国税庁)
1 「酒類の販売業」の意義
法第9条《酒類の販売業免許》第1項に規定する「酒類の販売業又は販売の代理業若しくは媒介業」のうちの「酒類の販売業」とは、酒類を継続的に販売することをいい、営利を目的とするかどうか又は特定若しくは不特定の者に販売するかどうかは問わない。

【医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律】
(医薬品の販売業の許可)
第二十四条 薬局開設者又は医薬品の販売業の許可を受けた者でなければ、業として、医薬品を販売し、授与し、又は販売若しくは授与の目的で貯蔵し、若しくは陳列(配置することを含む。以下同じ。)してはならない。ただし、医薬品の製造販売業者がその製造等をし、又は輸入した医薬品を薬局開設者又は医薬品の製造販売業者、製造業者若しくは販売業者に、医薬品の製造業者がその製造した医薬品を医薬品の製造販売業者又は製造業者に、それぞれ販売し、授与し、又はその販売若しくは授与の目的で貯蔵し、若しくは陳列するときは、この限りでない。

posted by まんさく at 11:49| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする