2016年06月13日

ベネッセ訴訟進行状況5(個人)

更新を怠っていて,申し訳ありません。
2回分の期日の更新です。


平成28年4月13日と6月8日にベネッセ事件の個人訴訟(0次訴訟)の期日がありました。


4月13日の期日については
事前に相手方からは,準備書面7として,甲1として出した「個人情報漏えい事故調査委員会による調査結果のお知らせ」についての書面が出されました。
概要としては,当該調査の目的は世界トップクラスの情報セキュリティ体制をを構築するための改善策・対応策の要請で,水準や義務の問題とは関係なく,問題点(事故原因ないし改善点)を指摘しただけで,情報漏洩当時の被告らの注意義務を基礎づけとは関係なく,注意義務違反は認められないというものでした。
(+過失関係の求釈明)

これに対し,期日では,
私から,前回の裁判長の話からすると不十分なもので,結局,ベネッセの当時のセキュリティや漏えい原因について何も語っておらず,実態は不明なままであるので,再度被告らは説明をされたい,と求めましたが,
裁判長からは,アメリカのディスカバリーとかの制度ではないから探索的に説明しろというのは難しい,被告らで一応の説明をしているので,とりあえず疑問点があるなら,原告でまとめて文書で聞くように,とのことでした。

直前に,(セキュリティの内部基準文書などの)文書提出命令申立も行ったのですが,それも保留となりました。


6月8日の期日については,
事前にこちらから第5準備書面
第5準備書面ベネッセ公開.docとして,
これまでに明らかになった事実関係から過失の補足・修正と,相手に釈明を求める事項(主に事実関係)をまとめた書面を出しました。
裁判長からは,前々回(1月)の期日のように,強く,被告側に事実関係を明らかにするように求め,期間も十分にとるというこで,被告らも渋々?応じるようです。


2回くらい期日が空転した気がしますが,これで次には事実関係が明らかになり,こちらも具体的に過失を主張していくことになります。
裁判長からは,こちらにも,現時点では,証拠の関係や過失の主張が不十分である旨の話はありましたので,被告らの書面を受けてこちらできちんとした書面を作成したいと思います。


次回期日が,平成28年9月8日です。
相手方の書面が8月8日までに出される予定です。


その他の弁護団事件の進行状況はコチラhttp://vsbenesse.exblog.jp/
徐々に0次に追いついてきました。


刑事事件からもなるべ情報収集を行っていきます。
posted by まんさく at 15:06| 東京 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月06日

電気通信事業法の改正に関して

「電気通信事業法等の一部を改正する法律(平成27年法律第26号)」が,来月5月21日に施行されるのを受け,せっかくまとめたので,とりあえず公開。

現時点での法(省令)改正のまとめ(○が法改正,→が省令等による改正)

○説明義務の充実(具体化・指定)
→適合性原則(属性・利用目的に応じた説明),自動更新の事前通知
○書面の交付
 →種類,料金の内訳,支払い時期・方法,解約条件,通信制限(フィルタリング),端末等の契約を条件とした複雑な料金割引については仕組みを図で示す,有料オプションの名称・料金・解約条件等の記載
○初期契約解除制度(書面の受領後8日間で解除可能)
→対象サービス(「確認措置」 を受けないプリペイド型を除く移動通信サービス(携帯電話,無線),光ファイバー回線,(IS)プロバイダー契約)等を規定,解除の際の支払金額の上限設定
○不実告知・勧誘継続行為の禁止等
 →契約上の軽微な変更を求める行為等を勧誘継続禁止の例外として規定
○代理店に対する指導等の措置
→選定,確認・検証,苦情の処理,委託の中止・契約解除等の措置義務付け



注意点としては,
ISP(インターネットプロバイダー)との契約は初期契約解除制度があるが,光回線でないADSLなどの回線契約は当該制度の適用はない
初期契約解除制度は,クーリングオフとは異なり,利用した分の費用の負担などはある
通信契約とスマートフォンの購入契約は別途で,前者を解約した場合には,後者の契約の毎月の割引(キャッシュバック)の取り消されるケースが多い。ガイドライン案では,そのような取り消しや違約金,通信契約を解除しても端末の割賦払いが継続することを説明するように定めている。
posted by まんさく at 16:29| 東京 ☀| 法律豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月09日

こんな活動もしています。

全国消費者団体連絡会の皆様と,自民党の野田聖子議員議員(衆議院災害対策特別委員長)に
内閣府消費者委員会の答申に基づき,特定商取引法及び消費者契約法の改正を直ちに実現することを要望してきました。

色々な意見交換ができて,大変有用でした。
消費者庁もどうなるのでしょうか。

野田聖子議員は,さすが,国会議員の大物という感じで,秘書の方も議員の秘書という雰囲気で,芝居のワンシーンのようでした(笑)

https://www.facebook.com/noda.seiko/photos/a.630991513585298.1073741825.294933870524399/1158724837478627/?type=3&theater

「安心して下さい,封筒に現金を入れて渡したりはしていませんよ。」
posted by まんさく at 17:09| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする